Philadelphia to Chicago

今回は2005年に訪れたアメリカはフィラデルフィア~シカゴ編。車で移動しながら各地の名所を巡るアメリカ1500Kmの旅です。
出発の1ヶ月前に計画が持ち上がり、それから飛行機のチケットを手配。ゴールデンウィークでしたが、なんせ到着地が日本ではマイナーなフィラデルフィア。簡単&格安でチケットが取れました。
日本を出てしまえばゴールデンウィークは関係無いので、帰りのチケット(シカゴ発)もなんなく手配できた。ゴールデンウィークの海外旅行はマイナーな所がオススメですっ。

North America2005/4/29~5/5 -7 days-

Air :
— Day 1 :  —

インディアナポリスに住んでいる友人が、最近購入したという車でフィラデルフィア空港まで向かえに来てくれた。1200kmも走ってね。。

お疲れ様~。さっそくだけど・・シカゴへ向けて出発ですっ!でも、その前に・・到着地フィラデルフィアを観光しなきゃぁね。で、さっそくアメリカ独立記念館へ。
行きの飛行機で『ナショナル・トレジャー』(ニコラス・ケイジ)を見たばかりだったので、「おお~ここをニコラスが走ったのね~。」とか、「あそこ(屋根)にヒントが隠されてたのね~。」と、かなり盛り上がったんだけど・・・・。到着したのが遅かったためすでに閉館となっていました。。だから見れたのはリバティベルを外からチラリと見ただけ(ガラス張りで外からも見れる)。。
アメリカ独立宣言が行われた場所とあり、ど~しても見学したかった・・残念無念。

悔しいので、記念写真だけ撮って退散したのです。。インディアナポリス在住ニコラス・ケイジ似(?!)の友人。
4年前シカゴを訪れた時に会って以来久しぶりの再会だけど、何故か丸坊主になっていた。

フィラデルフィアに来たらこれを食べなきゃいけませんっ!って事で、”フィリーズサンド” の老舗 “Jim’s Steaks” へ独立記念館から徒歩で向かいます。
今までアメリカ各地を見てきたけど、街並みが明らかに他とは違う気がします。古いアメリカの街という感じかしら。。『ナショナル・トレジャー』のほかにも『ロッキー』やトム・ハンクスの『フィラデルフィア』なんかの舞台でもあるのね。
建物やら道路やらがとってもノスタルジーな感じで、是非ゆっくりと散策したかったのですが・・Philly Cheesesteak Sandwichesが待っています。。
で、”Jim’s Steaks” に到着。

さすがご当地グルメ。沢山のお客さんが並んでいました。
ガラスの向こうでは大きな鉄板の上で山盛りの牛肉を炒めているふとっちょ兄さん。その隣ではオニオンを炒める人、そのまた隣では他の食材を調理する人。で、お客さんが自分の好みの食材をチョイスし、それをホットドックに挟んでいく人。そして最後にお会計。
たっぷり牛肉とクタクタに炒めたオニオン&チーズが入ったフィリーズサンドは絶品ですっ!

お腹いっぱいになって車に戻った時にはすでに暗くなっており・・。

何だか全く分からない写真ですが・・。どうしても見たかった””。アメリカ独立と言えばこれね。今回見ることが出来ず非情に残念ではありますが・・。とても素敵な街並みのフィラデルフィアには是非また来たいと思いました。

何とも情緒ある街並みです。
さて・・。とりあえずフィラデルフィアでの目的は達成(半分)したので、Pottstownまで移動して今晩泊まるモーテルを探しましょう。
車での旅はやはりモーテルが安くて便利ね。ちょっと危険な感じがする所もありますが、ま、別にね・・寝るだけだし。で、泊まったのはこんな所。

案外綺麗ね。

— Day 2 : Pottstown / Oley Reading / Youngs Town —

3年前シカゴを訪れた際は、かなりくたびれたセダンでしたが・・・。だいぶ出世したのねっ!次の日は朝早くから起きて旦那と友人共通の趣味であるバイクなスポットへ。でもその前に、ウダウダやっていてなかなか起きないメンズ達を置いて1人で散歩に出かけました。

おっ。野球場。日本と違ってやっぱりこの辺はアメリカね。草野球でも立派なもんです。

そして何ともストレートな看板発見。日本も見習って欲しい。。

モーテルの目の前に走っていた線路。思わず”スタンド・バイ・ミー”の一場面を思い浮かべてしまいました。。「シカさん出てこいっ!」
メンズが動きだしたので、Oley Readingという街で行われているビンテージハーレーのスワップミート(フリーマーケット)へ出発。
ビンテージ専門のスワップミートはアメリカ各地で行われています。こういったところで部品を買いあさる旦那。。私にはどうみてもガラクタにしか見えませんが・・。
さぁ、掘り出し物はあるかねぇ~。

雨の中掘り出し物を求めて歩き回るも、店じまいしてしまったところもあり・・結局何も収穫なし。
アメリカ各地のスワップミートを渡り歩いている友人の知り合いがたまたま出店していました。あまり興味の無いことに付き合わされた私が興味を示したのは・・この子↓ 。

友人の知人の息子(ややこしい)。
お人形さんみたいなクリクリお目め、「紫色が好きっ!」と言って自慢の自転車(パープル色)を見せびらかして・・あぁ・・なんてカワイイのでしょう・・。
「パープルなんて女の子の色だっ!」・・と、息子の将来を心配する父親。。
さぁ、さあ、パパは放っておいて、おねーさんのお膝に乗りましょうね。。
こんなにもカワイイ息子なのに、パパはと言うと典型的アメリカ人体型(巨体)。あなたもあんなんなっちゃうのね。。。

さて・・まだまだ先は長いので次の目的地へ。
今日はこの旅で一番の移動距離、329マイル(約526Km)を走り、ペンシルバニア州を出てオハイオ州Youngs Townまで移動します。3人で運転を交代しながら頑張りましょう!
途中Pittsburghのショッピングモールでショッピングを楽しみ、夜遅くになってYoungs Townに到着。モーテルのベッドに倒れ込みました。。

— Day 3 :  —

3日目はClevelandへ移動してMLB観戦( vs Cubs)です。

65号線をひた走り、クリーブランドに到着。ここでは野球観戦がメインです。
地元インディアンズVSロイアルズというちょっとマイナーな試合ですが、今回はネット裏の好座席とあって、旦那がものすごく楽しみにしています。
試合開始まで微妙な時間があるので、クリーブランド観光名所の一つである “Rock and Roll Hall of Fame and Museum” (ロックンロール・ホール・オブ・フェイムと博物館)へ。

ルーブル美術館を思わせるエントランス。
ここには往年のロックスターが使ったギターなどの楽器や、楽譜、衣装、ゴールドディスクなどなど、色んなものが展示してあるとのこと。
中に入ってじっくりと鑑賞する時間はなかったので、エントランス部分だけで済ませました。お金を払わずとも、エントランス部分だけで結構見応えがあったので、ま、いっか・・・。と、ありがちなポーズで記念写真を。。

試合開始までまだ時間がありますが、野球場のゲートが開いたのでさっそく入場。フェンス脇で見ていると選手がやってきて練習を始めた。

普通に会話が出来るくらいの近さなのは驚きました。周りを見ると、老若男女み~んなグローブ持参。前にいる男の子がさっそくボールを手にして喜んでいました。そりゃぁ楽しいよね。
売店でベースボールキャップを吟味していたら、売店のオヤジさんが面白い物があると言って見せてくれたのがこれ ↓ 。

座り心地が悪いかと思えばそうでも無く。。結構良い感じ。

我が家のMLB観戦歴最高のベストポジション(バックネット裏)で、十分にメジャーリーグを堪能したのですが、応援していたインディアンズはロイアルズに乾杯。ま、勝ち負けじゃぁないからね。
沢山遊んで疲れたので、Columbusまで移動し宿探しです。

スタジアムを出ると、あらら・・誰もいない。。
日本では野球観戦が終わったあとの大渋滞って当たり前らしいけど・・皆さんお帰りが早いのね。。

— Day 4 : Springfield / Dayton /  —

次の日も朝から車を走らせ次なる街、Springfieldへと移動します。
途中で大好きな “” を見つけてはブリトー食べ。。

Chipotleはどこのお店も綺麗でカッコいい。
ずらりと並んだ食材から好きな物を好きなだけチョイス。それを店員がブリトーに乗っけていき、最後にグルグルキュ~っと巻いてくれる。

出来上がったブリトーはハンパなくデカイ。。
アメリカに行くと必ず行くファストフード店の一つがこの “Chipotle” です。

さて・・、次の目的地はDayton郊外Wright Patterson空軍基地にある世界最大の航空博物館 “National Museum of the ” です。

ちょっとマニアックですが、仕事の関係もあり飛行機大好きな私(乗るのはキライ)。
ここにはアメリカ空軍のありとあらゆる本物の飛行機が展示してあり、その大きさ(博物館の)と迫力は圧巻です。

マニアックすぎるため飛行機の名前などは書きませんが、ライト兄弟を思わせる飛行機からステルス(戦闘機)まで何でもあります。

展示場が飛行機の格納庫そのままなので、こんな大きなのも展示してある。
普段飛行機をこんなに近くで見ることはありませんが、その巨大さは驚きです。小さいと勝手に思い込んでいたステルスなんか、あまりにも大きいので思わず口をアングリ。。
この写真を撮ったときはまだ気づいていなかったのですが、この飛行機は長崎に原爆を投下した爆撃機。”二度と起こらないように・・” と、沢山の展示物や説明書きがありました。

そして・・旦那のアドレナリンが急上昇したのは・・。

トップ・ガンですっ!!!良かったねぇ~。なんで男の人ってトップガンが好きなの?
そんなにトム・クルーズが好きなのかしら??

これでもか!ってくらい沢山の飛行機を見学できたので、そろそろ出発しましょう!・・と、車で走り始めたら、私のアドレナリンが急上昇 ↓ 。

ズラリとならんだ飛行機に大はしゃぎ。。

さぁ、次なる目的地Indianapolisへいざ出発。

私の番です。。
途中ハーレーのトラック運転手が手を振ってくれた。

こんなに大きなトラックを一度運転してみたいわ~。

さて・・長かった旅もそろそろ大詰め。友人の住む街であるインディアナポリスに到着。

友人が「知らなかった・・。」と言う “Indiana Soldier’s and Sailor’s Monument”(インディアナ兵士・水兵記念塔) 。南北戦争の犠牲となった兵士の慰霊塔です。高さ87mで、てっぺんの展望室からは素晴らしい景色が眺められる・・とのことでしたが、残念ながら休館日・・・。あぁ~残念!!
こんなに立派な記念碑なのに何故友人が知らなかったのかと言うと、最近こちらに引っ越してきたばかりだから。以前はイリノイ州Marionに住んでいました。

今回の旅は行き当たりばったりなので、こういったアクシデントはしょうがない。。あまりにも大きくて素晴らしい彫刻が施された記念碑をじっくり眺めて次なる目的地、インディー500開催間近のインディアナポリス・スピード・ウェイに向かいました。

コルベットが絵になるねぇ~。思わずジロジロと眺め回してしまい。。

思ったよりも小振りなミュージアムにはずらりと往年の名車が並んでいました。

— Day 5 : Indianapolis to  —

この日はモーテルではなくインディアナポリスの友人宅に泊まりました。

アパート住まいですが、とても良い環境です。今回の旅ではお留守番となった友人所有のもう一台の車(水色のバン)。これじゃなくてよかったぁ~。。

友人宅でのんびりした次の日は、旅の最終地シカゴへ。
シカゴは2回目なので観光はほとんどせず、帰りの飛行機に乗るためにやってきました。
でも・・ここに来たら絶対に食べなきゃぁいけないシカゴ名物 “スタッフドピザ” を食べに行きました。
スタッフドピザと言えば “Giordano’s” (ジョルダーノース )。

ピザ生地の中に具材を入れてピザ生地でフタをし、モッツァレラとトマトソースをたっぷりかけて焼き上げるスタッフドピザ。このピザを最初に作ったのはこのお店だそうです。シカゴに来たら必ず食べる一品。

もう一カ所、アメリカへ来たら必ず寄る所 “IKEA”。

今は日本にありますが、このときにはまだ無くて。。昔はさんざん買いあさって日本に持ち帰ってたんです。

— Day 6 and 7 : Return home —

さて、この旅ももう終わり。長いなが~い1500kmでしたが、見所満載でご当地グルメも堪能できた。
ペンシルバニア州、オハイオ州、インディアナ州、イリノイ州と、4つの州を通過し、サマータイムがある州と無い州を行き来するのはかなりややこしかったです。。さっき6時だったのが7時になって、また6時にもどる・・とか・・。お店が開いているのかもう閉まってしまったのか・・。

なかなか長い休みが取れなくなった今日この頃。しばらくこういったロードトリップが出来ないのかと思うと寂しくもあります。。
付き合ってくれた友人に感謝しつつ、今度は暖かい所に引っ越しなよ。。と、無理なお願いをしてみたり。。

Philadelphia to Chicago Map

Tagged with

Leave a Reply