Chicago & Milwaukee

アメリカに行ったきり帰ってこない友人に会うため、2002年11月、極寒のシカゴへ出かけました。今から8年も前の事なので、あまり細かい事までは覚えておらず・・、写真も年代を感じさせるものがあり、もちろん「ブログに載せるため」には撮影していないのであまり綺麗じゃぁありません。。
2005年に訪れた2度目の”Philadelphia~Chicago”編はこちらから。

North America 2002/11/22~27 -6days-
Air : / Hotel:Super 8 Motel / Motel 6 e.t.c
— Day 1 : and

成田から直行便で約12時間。
友人(2度目の”Philadelphia~Chicago”編でも登場してます)が空港まで向かえに来てくれ、久々の再開をしばし喜び、さっそく彼の車に乗り込み旅が始まりました。

まずはイリノイ州にあるシカゴからお隣の州ミルウォーキーへ移動し、日本でもお馴染み”Miller”ビールの工場見学に。

53.jpg

工場の回りは”古き良き時代のアメリカ”と言った雰囲気。
そうとう遠くから見える”世界一大きい”看板(2002年現在)。写真ではこの大きさが分からず残念。。ミニシアターに案内され、映像とスタッフの解説を聞いた後に工場見学開始。ズラリと並んだビール樽は、イメージしていた「鏡面ステンレス」ではなく、銅製?のものでした。なんかこっちの方が雰囲気があるね。

もちろん見学後に数種類の出来たてビールを試飲できます。
世界に誇る日本のビールとアメリカのメジャービール。私はお酒を一切飲まないので違いが分からず・・。
さて、お次は今回の旅のメインイベント(初日ですが・・)。
ミルウォーキーと言えば””(以下H-D)。1903年創立以来ここに本部があります。

52.jpg

ちょっと・・と言うかかなりマニアックですが、ヴィンテージに乗る旦那と友人には”聖地”のような物なのかしら。。まずは心臓部であるエンジンを作っている工場へ。

51.jpg

写真撮影厳禁である工場内を見学出来ます。
いかにも”バイク乗り”なオヤジにヘッドホンを手渡され、「このラインから断じてはみ出してはならぬっ。」と念を押されてから工場内へ。
中ではたっくさんのエンジンが次から次へと作られていてびっくり。なんと人の手で組み立てられていました。。当たり前?
なんか私のイメージは、車を作るみたいにロボットが”ガッチャンガッチャン”やってるってのでした・・。人の声が聞き取れないほどうるさいので、ヘッドホンから流れる説明を大音量で聞きます。数種類あるハーレーのエンジンは、エンジン毎に工場が異なりこちらは”ビッグツイン”生産ライン。出来上がったエンジンは他の工場で車体に組み込まれるそうです。
ちょっとしたミュージアムもあり(2008年には立派になったらしい)、ここは写真撮影OK。

工場からほど近い所に、まさにHarley-Davidson発祥の地があります。

54.jpg

1923年に赤煉瓦で建てられたH-D本社です。アメリカの歴史的保存物指定。記念すべきH-D第一号が作られた掘っ立て小屋?が建っていた場所には記念碑があります(マンホールっぽいけど)。
「ふ~ん。」「へぇ~。」・・と、別にハーレー大好きじゃない私でも結構楽しめました。

朝8時に日本から到着し、そのまま丸一日遊んだので疲れました・・。

55.jpg

今回のモーテルはこんな感じ。ま、普通です。。1部屋$30~$40。

— Day 2 — Chicago

次の日はシカゴに戻り、ブラリと観光します。

56.jpg

またまた代わりばんこに運転ね。
2005年に訪れた時は立派な車に乗っていた友人。この時はまだコレだったね~。懐かしい。

57.jpg

クリスマス前と言うことで、こうやって生もみの木や生リース!!を売っているのをよく見かけました。日本にもこういう商売があればいいのに。。

58.jpg

ミルウォーキーから約2時間。シカゴへ帰ってきました。
シカゴの建築物は素晴らしく、どのビルも見応えがあります。

59.jpg

この日はちょうど”Magnificent Mile Lights Festival”と言うイベントをやっていました。イルミネーションされた街路樹が永遠と続くミシガンアベニューを、ライトアップされた山車がパレードをします。
ミッキーマウスやドナルドダックなどディズニーの人気キャラクターから、デカいショッピングカートに乗った小人(?)まで、大賑わいでしたっ。

60

イベントの最後には、日本ではあり得ない狭さ&低さに大きな花火が上がります。
迫力大ですっ!

今日も沢山遊んで疲れたのでモーテルへ。

61.jpg

おっ。今日は豪華じゃんっ!

— Day 3 :  Chicago —

シトシトと雨の降る中ガラクタ(?)探しにヴィンテージのスワップミートへ。

62.jpg

年々掘り出し物の部品が少なくなって来ているらしく、この日友人がゲットしたのは70年代(?)の純正ガスタンクのみ。かなりお買い得だったね。この先どんどんと数が少なくなり高値になってゆくヴィンテージ部品。。大変だね。。

だんだんと寒くなり、11月後半シカゴの気温は0度近く。。そのうち雪も降り始め、寒いの苦手な私は無言になって硬直状態。

63.jpg

友人が前から気になっていると言うレストランで夕飯を食べました。名前は忘れてしまいました。。
中華料理なのに何故か”どんぶり”がイチオシとウェイターの兄ちゃんに勧められた。カウンターへ行って好きな食材を好きな料理法で調理してもらい、それを丼に入ったご飯に乗っけてくれる。
アメリカンチャイニーズが大好きな私。店によっては麻婆豆腐とは言えない代物もありますが、違う食べ物と思って食べれば、そりゃぁウマいんですっ!

64.jpg

お腹が一杯になったので、ちょいとシカゴの町を散策しながら車に戻りました。
どの国を訪れても思うのは、昼間のように明るく電飾広告がギラギラしている日本とは違い、夜景が素晴らしいと言うこと。。ゴールド一色になる街並みは、ちと危ないけど散策の価値有りです。

シカゴにも大好きな””はあります。

70.jpg

店によってデザインが異なるChipotle。こちらいかにもシカゴっぽい店舗です。カッコ良すぎっ。
そして無事車に到着。

65.jpg

もう・・・、寒くて寒くて。。この時間になるとマイナス7℃ぐらい。
「たいして寒く無いじゃんっ。」・・と、思う人もいるかと思いますが・・。北海道とかの体感温度とは全く別物な気がする・・。痛いし・・長時間外出は危険。。人なんて歩いてないしっ!

66.jpg

ズラリと並ぶ素敵なアパートメントの入口には、それぞれ趣向を凝らしたクリスマスの飾り付けがしてありました。

ようやくポカポカのホテルに到着。

67.jpg

仕事を休んで数日間私たちに付き合ってくれている友人。この頃はまだホテルでネットにつなげるには有線でしたね。

— Day 4 : Chicago —

旅の最終日の写真が何故か夜からのしか無いので、いったいこの日の昼間は何処に行ったのか思い出せない。。で、せっかくシカゴに来たのだからコレには乗りたい。

68.jpg

わざわざシカゴから2~30分の所にある駅まで車で行き、映画でお馴染み、”ビルの合間を走り、火花を散らして直角カーブを曲がる電車”に乗ってきました。貸し切り状態の車内ではしゃいだり、本当に火花を上げてカーブを曲がる光景に感動。。
確かこの日以来、今ではすっかりお気に入りになったシカゴ名物スタッフド・ピザ “Giordano’s “(ジョルダーノース)に食べに行った覚えがあるのですが、全く写真が見つからず・・。残念。

食後は夜景を見るために徒歩で”Sears Tower”へ。(現在は”Willis Tower”に改称)

69.jpg

9.11テロ後だったので厳重なセキュリティーチェックを受け、食べきれなかったスタッフド・ピザを係員の兄ちゃんに預けてエレベーターへ。今にも落っこちそうな年代物のエレベーターで103階展望室までわずか数十秒。いきなり目の前に広がった絶景に思わず絶句な私。その顔を見て喜ぶスタッフのおっちゃん。。
110階建て、高さ527m。この時(2002年)世界で3番目の高さだと知らなかったので、そりゃぁもうビックリしましたっ!「な・・なんなのっこの高さ!!」
360度この景色で、今まで沢山の夜景を見てきましたがここが一番すごかったかしら・・。昼間だったら間違い無く半ベソ状態だね。。
なんと現在は、総ガラス張り(床も)の”The Ledge”と言う部屋があり、地上数百メートルに浮かぶ絶叫体験が出来るそうです。※ちなみに2010年現在は4番目に降格になりました。。
今思えば、素晴らしい建築の数々を写真に納められなかったのが残念。。かろうじて”Tribune Tower”(シカゴ・トリビューン=新聞屋さん)をパシャリ。

72.jpg
— Day 5・6 : Return home —

さて・・。
楽しかった旅も今日が最終日。

73

朝7時。息をするのも危険な感じがする寒さですっ。さみ~よ~。。今までの旅で、ラスベガスの46℃が最高気温でしたが、今回めでたく最低気温を記録しました。。
帰りのフライトまで少し時間があるので、お決まりのIKEAへ。日本とは比べものにならんくらいのデカさで、私のアドレナリンが吹き出します。。

そして、巨大かつ過密なフライト数をこなすシカゴ・オヘア国際空港へ。友人と別れを惜しみつつ、「また会いにくるよっ!」と、次回の約束をしたのです。

74

機体に積もった雪を溶かす光景を見て、飛行機大嫌いな私はちと涙目。。
何にも見えないじゃん。。無理して飛ばなくていいよ~。と、願ってみましたがあっさりと飛んでしまいました。。

71.jpg

日本人観光客にはあまり人気のないシカゴ。
しかし・・、マフィア、ブルースブラザーズ、見事な建築などなど見所は沢山あり、華やかでは無い物のとても魅力的な町でした。

50.jpg

今度行くときは、暖かい時期がいいな。。

Chicago Milwaukee Map

Tagged with

Leave a Reply